2014年3月19日 (水)

人は当然、変わるのだ。

養老孟先生の著書にはしばしばこの話が出てくる。

つまり、人は刻々と変化する、と。
「本当の自分」だとか「変わらない個性」だとかいうのは幻想だ、と。
だから、秘境に探しに行ってもないよ、って。
一方、「情報」は一度提示してしまうと変わらない。
だから10年前の新聞の社説は永遠に同じなのだ。
一般的な言われようと間逆だから、
一瞬、「おや?」と思うが、
よくよく考えてみれば当然の話。
生物学的に見ても、生き物は日々、死に向かって進んでいる。
どうりで、と思う。
過去の私について、親等から、
「あんたの子供のころの性格は・・・」
などと言われても、ちんぷんかんぷんなわけだ。
でも、情報は変わらないから、
「あんたはこんなことを言った」と言われたら、
「そんなことを言ったかもしれないが、
もうそのときの私の気持ちもわからないし、
状況もずいぶん変わってしまったから、
現時点での私には他人のように思えるくらいで、
そろそろ忘れてはくれまいか?」
とお願いするしかない。
昔の人は不必要な言葉を発しなかったというが、
面倒なことになるのがわかっていたのかもしれない。
口は災いのもと。
と、いいつつ、また情報を書いているのだが。

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

梅の丘

家から歩いて5分ほどの所に、梅林の丘がある。

坂を上り切るとそこに、家が8軒ほど立ち並ぶ空間があり、その一番端にある。
晴れた冬にはくっきりとした富士山が見える。
そこの梅が満開である。
側を通るとき、梅の香がして、思わず鼻の穴を膨らましてしまう。
夫は、ピンク色の梅を見ると唾液が出るという。
梅ガムを思い出すから。
どこまで食い意地が張っているのだろうか。
「梅の木は食べないでよ」と言うと、
綺麗だとは思うのだけれど、身体が勝手に反応するのだからしょうがない、と。

昨日、いつものように梅の丘で立ち止まっていたら、
自転車に乗った2人のご婦人が通りかかり、ふと、降りた。
夕陽がまあるく、大きく梅の木を照らし出している。
しばらく見入っていたが、そのうちの1人が「そろそろ行かなくては」と。
するともう1人の60代半ばくらいのご婦人が、
「私はもう少し見ているわ」と。
「そうですか?」
「あなたまだお若いから。年取るとね、こういうのが良くて」
ピンク色の濃い枝垂れ梅の横に、薄ピンクの梅がある。
枝が上向きな薄ピンクの方が夫はいいと言うが、
私は枝垂れた方が好みかもしれない。
そのうち、夕陽のだいだいに梅の木が染まり始め、
輪郭がぼんやりと滲み出す。
ご婦人の後ろ姿が黄昏に溶け込み、
梅の精ではないかしら、と、ふと思う。



| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

待ち遠しいという贅沢

気に入ったダイニングテーブル&椅子がなく、

長い間もらい受けたものを使っていたのだが、
このごろ見つけてしまった。
それで、注文すると、仕上がるのが夏頃になるとか。
「そんなにかかるのん?」
と一瞬思ってしまったけれども、
それならば別のを、というわけにもいかない。
考えてみれば、すっかり消費者マインドになってしまって、
「金さえ出せば即効手に入る」という気でいるが、なんとも傲慢。
それに、そんな状況ばかりが幸せとも限らない。
その「凛とした麗しいお姿」に惚れてしまった弱み。
たまには恋い焦がれてみようか。
いくらでも待ちましょうぞ。
Cocolog_oekaki_2014_03_10_09_47

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

手放す時代

今はモノを買うことよりも

捨てることに「努力」のいる時代だとか。
確かに。
気を抜いているといつの間にか「どうでもいいモノ」が増えている。
比較的我が家はモノが少ない方ではあるけど・・・それでも驚く。
押し入れから、棚の奥から、引き出しの中から
出て来る出て来る出て来る
「捨ててやる〜!!」
というわけで、ちょっと片付けました。
モノが溢れていると、人は鈍感になるというが本当だろうか。
とある説では、身を守るために自ずと情報を遮断するためだとか。
鈍感になって、見ないようにするのかな?
とにかく、「どうでもいいモノ」が減ると気分爽快!
お気に入りの品々も活きてくる気がいたします。

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

柳宗悦の民藝運動は

Cocolog_oekaki_2014_02_19_10_35

柳宗理の鍋やカトラリーは日々使っているけれど、   
お父上の方はあまり知りませんでした。
『民藝とは何か』
『民藝40年』
『工藝文化』
『美の法門』
民藝から「美」の基準を解き明かし、
さらに大乗仏教思想の「他力」の話までもっていく。深い。
物の善し悪しを見抜く眼が磨かれそうです。
日本民藝館は一見の価値あり。
宗悦さんは世界を知っていたからこそ、日本の手仕事に目を向けたのでしょうな。
1_2

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

好物:落雁(らくがん)

子供時分より落雁(らくがん)が好きで、

今でも栗らくがんを常備しているのですが・・・
お友達から素敵な落雁をいただきました。
伊勢神宮の橋や社をかたどったもので、
ご利益がありそうです!
食べるのがもったいない
Photo_5

| | コメント (0)

茶の心

祖母から茶道の道具をいただきました。

どれも渋くて端正で。
祖母は裏千家の師範で、
元祖は千利休なのですが、
華美を嫌い、静けさを好んだ風情が出ている?
にしても、日本の道具は絵になりますな。
Photo_2 Photo_3

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

モノの価値

モノの価値というのは結局、固有のストーリーなのかもしれない。

たとえば全く同じ白いハンカチでも、
それが良く吟味され、労を惜しまず縫い上げられたものならば、
大量生産品よりも価値が上がる。
あるいは、たとえ大量生産品でも、
最愛の人からのプレゼントだったとしたら、途端に宝物になる。
いわゆる「金目のもの」だってそうだと思う。
いつ買ったのかも忘れてしまったダイヤの指輪と、
亡くなった伴侶から記念日にもらったダイヤの指輪だったら、後者の方が大切だ。
いくらプラチナのネックレスでも、別れた彼氏からのプレゼントは捨ててしまう。
たかがモノ、されどモノ。
そんなことをぶつぶつと考えて・・・
今年の誕生日には黄楊の櫛を買ってもらった。
上野にある『十三や』という老舗で、職人さんが作ってくれたものだ。
仕上がるまでに3ヶ月かかってしまったけど、きっと一生使うと思う。
元文元年(1736年)から続いているのだそうで。
ところで本当は、私のリクエストなどではなく、
夫自らプレゼントしてくれたらカッコいいのだけど。
でも、もし夫がそんな粋な男だったら、モテちゃって困るかな・・・
20131011093341

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

ムーミン谷のひみつ

ムーミンシリーズから特徴的なエピソードを選び出し、

キャラクターごとに解説してある本書。
日本で人気のある「スナフキン」を始めとし、
「ムーミンパパ」「ムーミンママ」「ミー」
「スノークの女の子」「ヘムル」「ニョロニョロ」など
おなじみのキャラクターの本質に迫る言及は哲学的。
中でも、嫌われ者の「モラン」についての話を読んで、
ひどく切なくなった・・・
彼女は不毛で心を凍らせる孤独の象徴。
めったなことで人を嫌ったり、敬遠したりしないムーミンたちでさえ、
モランが現れると一目散に逃げ出す。
それもそのはず、彼女が歩くだけで地に咲く花々が片っ端から枯れてしまうのだ。
冬の寒い日に、ムーミンたちがかがり火をたいていると、モランがやって来る。
「モランが火を消しに来たんだ」と言って、みんな逃げ出す。
案の定、モランはかがり火の上にどっしりと座り込み、火を消してしまう。
なんて恐ろしい女の子なんだろう、とムーミンたちが怖がっていると、
懐の深いトウティッキが秘密を明かす。
「モランは火を消しにきたんじゃない。暖まりに来たんだ。
だけど、あの人がその上に座り込むと、どんな暖かいものでも消えてしまう。
ほら、またしょげかえってる」
20131003_104824

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

身体の言い分

仕事がひと段落すると、必ず胃腸を壊す。

頭痛と吐き気が続くこともある。
仕事中は気を張って、テンションを上げているので気が付かないけれども、
終わると一気に緩むのだ。
こういうのは、「強い意志」なんかでどうこうできるものでもなく、
「優れた先端科学」で解決できることでもない。
ゆっくりと治っていくのを、薄のろ風情でただぼんやりと待つだけである。
けれども、こういう時間はバカにできない、と思う。
自分という人間は、自分が想像しているよりもずっと
繊細なのだと気が付くからだ。
身体が「はいもう限界、休憩で〜す」と言ってくれるわけである。
私は、それに従うしかないのだ。
思うに・・・
「体育会上がりのいつも明るく元気な営業マンが、ある日突然亡くなる」
というようなことが意外にも多いのは、
頭が、あるいは会社が身体の言い分に耳を傾けなかった結果ではないだろうか。
身体を無視すると、大変なことになるのだ。
私の世代は「みんなやってるんだから、しんどくても我慢しろ」
というような教育を受けたが、それは無茶というもの。
人間には生まれつき身体の個性があり、それに従うのが得策だ。
快活で勝ち気に見えても、壊れやすい人もいれば、
おとなしく弱々しく見えても、したたかな人もいる。
そういうことをきちんと理解している
「色眼鏡」で物事を見ない大人になりたい。

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

古典もかつては新しきもの

歌舞伎座のこけら落とし公演に行ってきた。

歌舞伎見物はお初。
10年前から行ってみたくてようやく実現。
イヤホン解説を借りたのは正解だった。
「仇討ちって正当な行為だったんだ」
「宝刀を奪われると仇討ち権がなくなるんだ」
「能に出てくる怪獣は、戦いで負けた人たちの総称なのね」
などなど、知らないことがいっぱい。
(私が無知だというのもあるが)
噂のかけ声さんも間近で体験。
「よ、○○屋!」
歌舞伎の大元である能についても知りたくなって、
「世阿弥の言葉」という本を図書館で借りてみた。
もともとは庶民のための演劇だったわけで、
斬新な創意工夫が盛りだくさん。
今は古典でもかつては新しい試み。
※どら焼き風のお写真は「菊焼残月」という名。
父上が皇居での恒例祝賀会?で天皇陛下からお土産にもらったもの。
甘〜く素朴な和菓子のお味がしました。
おいしゅうございました。
2013061917215620130619172210_2 20130621092430 20130620163321_2 20130621092451

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

幸せの遺伝子?

THE HAPPINESS PROJECTという本を読んでいて、

ショッキングなことを知った。

最近の研究に基づくと、
幸せを感じるかどうかの50%は遺伝子で決まるのだとか!
10%〜20%は社会的・物質的・その他諸々の要因で決定し、
残りの30%〜40%が個人の考え方によるのだそうで。
日本人は「生まれつき幸せ傾向のある人」がわりと少ないのだとか
確かにいっつも楽しそうな奴っているけどね。
うちの夫とか・・・
でも、本当かね?

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

父達のゆくえ

団塊の世代の父達。

ある父達は、早期退職やらですでに趣味人となっている人も多い。
が、うちの父上はどんどん出世してしまい・・・
60も数年過ぎて、てんてこ舞いらしい。
各地で会合があるたびに出席しなければならず、
「ちょっと顔出し」がお勤め、挨拶、そして必ず一杯は飲む。
そのせいで健康維持が難しく・・・
運動のために歩いて帰宅することもNG。
(専属の運転手さんの職を維持するため)
まるで、売れっ子芸能人のように分刻みでスケジュールを決められている。

それって、どうなん?
「肩書き」はごたいそうだけど、心配です。
もっとゆったり過ごしてもいいお年頃よね。

しかし、出世するということは、つまりは社会的にお役に立つということで、
そもそも「自分のために余暇を楽しむ」とは対極にあることなのかもしれない。

社会の仕組みって、そういうものなのかしら

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

ユニクロの暴走?

柳井さんは日本に恨みでもあるのだろうか。

「世界同一賃金にする」って・・・
顔も文化も生まれも物価も主食も違うのに??
普通に考えてそれは理不尽でしょう。
ゲームかなんかと間違えてるのかしら。
はい、この人とこの人チェンジ、みたいな。
水呑み百姓をつくり出した豪族の感覚かな。

もしそうなったら、
やっぱり5.15事件や2.26事件(青年将校は不当に搾取された貧しい農民の子弟だった)
のようなものが起こり、やっぱり第三次世界大戦が起こってしまうのではないか。

ちなみにうちの夫は母体がスウェーデン、分野的にはドイツの会社に勤めているが、
もちろん日本基準のギャランティです。
西欧基準よりもかなり低いと思われます。

さて、柳井氏は「年収一億円か百万円の時代がくる」とも言っている。
それなら、年収一億円の人が少し貯金して、一億円くらいを百万円の人にあげればいいんじゃない?
だって死ぬまでに使い切れないんだから。
お金なんて、ため込んでいるだけだと、ただの紙っぺらですし。
・・・なんて考えてしまいますが。

この人は世界を破壊したいのかもしれない。
もしかして夢は世界征服とか。

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

国立探検

雑誌に載っているようなメジャースポットではなくて

その町に入り込んでみないと見つからない店がある。
概してそういう店の方が魅力的だったりもする。
わかってはいるのだけれども、なかなか敷居が高くて・・・

でも、春になったし、
せっかくだからと、努めて散策しています。

と・・・あるねあるねー。
こんなところにスープカレーやさん?
カフェでアイヌ刺繍を習えるの?
一橋大学院生の講座?
マンションの一室で気功とアロマ。
陶芸教室も数あり
絵画教室も多いみたい。

やっぱりネットより足かいな。

20130423151924



| | コメント (0)

自然な美ってば

『たたずまいの美学』『美しい日本の身体』(矢田部英正)を読んだ。

第二次世界大戦前までは、日本人はえらく美しかったんだなあと思った。
1937年アメリカでこっそり放映された"Floral Japan"という映像には
柔らかく優美な着物姿の老若男女がお目見えする。

俗説では・・・
当時のアメリカ人はこの日本的な美しさに憧れ半分、妬み半分で
根こそぎ奪い去ってやろうと企んでいたのだとか。
真偽のほどは不明だが、
戦後それは成功したわけで。



| | コメント (0)

かなしき郊外

新興住宅地の街並みはなぜか寂しい。

歴史がなく画一的だからだろうか。
古い商店街やらそば屋やら、個人商店がないから?
すべては清潔でそこかしこにあるチェーン店。
もちろん、こだわりの店もない。
頑固な床屋もいない。
豪邸もなければ、古い木造家屋もない。

ハウスメーカーができるだけ手間を省いて用意した
パッケージされた一戸建てが所狭しと並ぶ。
人工的で散り一つない道はもちろんコンクリートで
土はどこまでも周到に隠されている。

「売りやすい」という不動産業界の都合のみで、
ファストフードのようにつくりあげられた街並みが、
そこに住む人間の「味」を消し去ってしまいそうだ。

本当はみんなもっとおもしろいのに。
もっと奥深く、思慮深いはずなのに。
街並みなんかに負けないでくれ!

心の中で呟いてみる。

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

P&Gの査定評価

以前働いていた専門出版社の話だが・・・

P&Gの査定評価を取り入れたら、
社員がバタバタと辞めていったという。
失踪してしまった人までいるらしい。
20人〜30人そこいらの規模の会社で
厳しい査定の形式だけを取り入れると
「不平等感」が増すのかもしれない。
特に、上司が公平な人間には見えないという場合は。
「編集長に嫌われているから査定が低いんだ」とか、
「あの子は美人かもしれないけど、私の方ができるのに」とか、
逆に、好評価が重荷で鬱になったり。
そういう会社の場合は、むしろ年功序列とか、
入社順とかで、自動的に出世する方がいいのかな。
いや、転職が一般的な業界だからそれは難しい。
外部から役員が入ることだってある時代だし。
本当はものすご〜く公平な査定専門の人とかがいるといいんだろうけど
そんな人いない。
会社は戦場そのもので、
殺伐、殺伐、殺伐・・・そりゃあ自殺者も増えますよ。


| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

合羽橋とパンカフェ

一人ではなかなか行かない場所でも、友人と一緒なら。

それで、合羽橋(田原町)とパンカフェに行って参りました。

合羽橋では、竹でできた水切りと銅製の金おろしをget!
すっきりとした職人技がたまらん。
その後、芝公園にあるルパンコティディアンへ。
ベルギー発というだけあってパンは旨っ。
でも、頼んだものはちょっとね、外れ・・・脂っこいだけで量が足りんぞ!
というわけでその後、バタースコーンも食べちゃいました。
まあ私が食いしん坊なだけですが。

いやしかし、普段の興味の対象とは全く異なる
セレブっぽいパンカフェ(ベーカリーカフェ)なんて
連れて行ってもらわないと知る由もないわけで。
素敵な遠足でございました。

20130418092330_2 20130417135954_2 20130417135914

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

消費者の選択の自由?

有名な話ですが・・・
メイベリンとランコムの商品は中身がまったく同じ
(成分も工場も)ものが多々ある。
何が違うのかというと、値段設定を変えているだけ。
「それは詐欺じゃないのか?」と思ってしまうが、
メーカーとしては、
「私どもは消費者の選択の自由に委ねているわけで、
ランコムを買う方は『高級なものを買うこと』に値段を払っているんです」
ってさ。まあ、100円の水を10000円で売る方法?だったか、
バカな消費者を手玉に取れ、だったか、
そんな本まで出ちゃってるわけだから、世の常なのだろう。
にしても、節操がないよなあ。

| | コメント (0)

«TPP裏事情