« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月21日 (木)

ニュージーランド&ドイツの生活道具

20130221080809

白いのはmi woollies(ニュージーランド)のはたき。
羊毛で作られていてふっわふわです。
これがかなり優秀で、棚の埃も舞わずに回収。
日々のお掃除が楽しくなる一品です。
黒いのはREDECKER(ドイツ)の洋服ブラシ。
これで毎日埃を払ってあげると、服に対する愛着が増します。
一着の価値が上がるので、余計な服を買わなくなるかな・・・。
生活道具は長〜く使うものなので、
気に入ったものが見つかると幸せな気分になりますな。

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

ハーブ&ドロシー(アートの森の小さな巨人)

71lfbatjuzl_aa1378__2

ドキュメンタリーです。
郵便局員のハーブと図書館司書のドロシー、
夫婦共通の楽しみは現代アートのコレクション。
選ぶ基準はふたつ。
1. 自分たちのお給料で買える値段であること
2. 1LDKのアパートに収まるサイズであること
慎ましい生活の中で約30年の歳月をかけてコツコツと買い集めた作品たち。
値が上がっても売らない理由は「お金よりアートが大事だから」
「だって美は見ているだけで幸せになるからね」
とコロボックルのような面構えのおじいちゃんは言います。
嬉しい気持ちになるお話。

| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

長崎にて豪族の結婚式に参列・・・

20130213_100258_2

2月の寒空の中、長崎に行って参りました。
まさに田舎の豪族の結婚式に参列。
要は新郎のお父様が地元の名士らしく、新郎さんも関連企業にコネ入社。
そのためか今どき珍しく年配のおじさま達が大盛り上がり・・・。
終わってからふと思いました。
田舎の豪族ってよほど結束が固いのね。
結婚しちゃえば安泰なのね。
なるほど〜これぞ昔ながらの日本!
それに比べてわたしら上京もんはハードです。
夫に先立たれて老人アパートで孤独死するなんてざら。
がんばれ〜。
(いやしかし、私が地方にいたらはみ出し者なのだろう)
と、変なことも考えてしまいましたが、大方はエンジョイ。
ハウステンボスにも立寄り、グルメ、満喫いたしました

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

段ボール芸術

12s07s

段ボール包装を見る度、日本の技は恐るべしだと思う。
よくもまあこんなに細かく、丁寧に、入り組んで包み込んだもんだと。
商品を抜き取ってしまえば、ゴミ箱行きなのに。
考えた人たちのシナプスと指先が偲ばれます。
で、こんなものを見つけました。
渡辺力さん(今年101歳で亡くなったデザイナー)の作品。
Carton Furniture Series というもので、3000円〜とリーズナブル。
大人が座っても大丈夫なのだそう。
なんか、夢が広がる。

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

日本のメディアがしょうもない理由

以下、フランスの媒体に掲載された内田樹氏の文章です。

タイトルは「3/11以降の日本のメディアについて」。

なるほど、だからTVも雑誌もぜんぜん面白くないのか・な・・

『2011年3月11日の東日本大震災と、それに続いた東電の福島第一原発事故は私たちの国の中枢的な社会システムが想像以上に劣化していることを国民の前にあきらかにした。日本のシステムが決して世界一流のものではないことを人々は知らないわけではなかったが、まさかこれほどまでに劣悪なものだとは思っていなかった。そのことに国民は驚き、それから後、長く深い抑鬱状態のうちに落ち込んでいる。
政府の危機管理体制がほとんど機能していなかったこと、原子力工学の専門家たちが「根拠なき楽観主義」に安住して、自然災害のもたらすリスクを過小評価していたことが災害の拡大をもたらした。それと同時に、私たちはメディアがそれに負託された機能を十分に果たしてこなかったし、いまも果たしていないことを知らされた。それが私たちの気鬱のあるいは最大の理由であるかも知れない。
メディアは官邸や東電やいわゆる「原子力ムラ」の過失をきびしく咎め立てているが、メディア自身の瑕疵については何も語らない。だから、私たちは政治家や官僚やビジネスマンの機能不全についてはいくらでも語れるのに、メディアについて語ろうとすると言葉に詰まる。というのは、ある社会事象を語るための基礎的な語彙や、価値判断の枠組みそのものを提供するのがメディアだからである。メディアの劣化について語る語彙や価値判断基準をメディア自身は提供しない。「メディアの劣化について語る語彙や価値判断基準を提供することができない」という不能が現在のメディアの劣化の本質なのだと私は思う。
メディアはいわば私たちの社会の「自己意識」であり、「私小説」である。
そこで語られる言葉が深く、厚みがあり、手触りが複雑で、響きのよいものならば、また、できごとの意味や価値を考量するときの判断基準がひろびろとして風通しがよく、多様な解釈に開かれたものであるならば、私たちの知性は賦活され、感情は豊かになるだろう。だが、いまマスメディアから、ネットメディアに至るまで、メディアの繰り出す語彙は貧しく、提示される分析は単純で浅く、支配的な感情は「敵」に対する怒りと痙攣的な笑いと定型的な哀しみの三種類(あるいはその混淆態)に限定されている。
メディアが社会そのものの「自己意識」や「私小説」であるなら、それが単純なものであってよいはずがない。「私は・・・な人間である。世界は・・・のように成り立ってる(以上、終わり)」というような単純で一意的な理解の上に生身の人間は生きられない。そのような単純なスキームを現実にあてはめた人は、死活的に重要な情報-想定外で、ラディカルな社会構造の変化についての情報-をシステマティックに見落とすことになるからだ。
生き延びるためには複雑な生体でなければならない。変化に応じられるためには、生物そのものが「ゆらぎ」を含んだかたちで構造化されていなければならない。ひとつのかたちに固まらず、たえず「ゆらいでいること」、それが生物の本態である。私たちのうちには、気高さと卑しさ、寛容と狭量、熟慮と軽率が絡み合い、入り交じっている。私たちはそのような複雑な構造物としてのおのれを受け容れ、それらの要素を折り合わせ、共生をはかろうと努めている。そのようにして、たくみに「ゆらいでいる」人のことを私たちは伝統的に「成熟した大人」とみなしてきた。社会制度もその点では生物と変わらない。変化に応じられるためには複雑な構成を保っていなければならない。だから、メディアの成熟度にも私は人間と同じ基準をあてはめて考えている。その基準に照らすならば、日本のメディアの成熟度は低い。
全国紙は「立派なこと」「政治的に正しいこと」「誰からも文句をつけられそうもないこと」だけを選択的に報道し、テレビと週刊誌はもっぱら「どうでもいいこと」「言わない方がいいこと」「人を怒らせ、不快にさせること」を選択的に報道している。メディアの仕事が「分業」されているのだ。それがメディアの劣化を招いているのだが、そのことにメディアの送り手たちは気づいていない。
ジキル博士とハイド氏の没落の理由は、知性と獣性、欲望の抑制と解放をひとりの人間が引き受けるという困難な人間的課題を忌避して、知性と獣性に人格分裂することで内的葛藤を解決しようとしたことにある。彼が罰を受けるのは、両立しがたいものを両立させようという人間的義務を拒んだからである。
その困難な義務を引き受けることによってしか人間は人間的になることはできない。面倒な仕事だが、その面倒な仕事を忌避したものは「人格解離」という病態に誘い込まれる。私たちの国のメディアで起きているのは、まさにそれである。メディアが人格解離しているのである。解離したそれぞれの人格は純化し、奇形化し、自然界ではありえないような異様な形状と不必要な機能を備得始めている。
メディアは「ゆらいだ」ものであるために、「デタッチメント」と「コミットメント」を同時的に果たすことを求められる。
「デタッチメント」というのは、どれほど心乱れる出来事であっても、そこから一定の距離をとり、冷静で、科学者的なまなざしで、それが何であるのか、なぜ起きたのか、どう対処すればよいのかについて徹底的に知性的に語る構えのことである。
「コミットメント」はその逆である。出来事に心乱され、距離感を見失い、他者の苦しみや悲しみや喜びや怒りに共感し、当事者として困惑し、うろたえ、絶望し、すがるように希望を語る構えのことである。
この二つの作業を同時的に果たしうる主体だけが、混沌としたこの世界の成り立ちを(多少とでも)明晰な語法で明らかにし、そこでの人間たちのふるまい方について(多少とでも)倫理的な指示を示すことができる。
メディアは「デタッチ」しながら、かつ「コミット」するという複雑な仕事を引き受けることではじめてその社会的機能を果たし得る。だが、現実に日本のメディアで起きているのは、「デタッチメント」と「コミットメント」への分業である。ある媒体はひたすら「デタッチメント」的であり、ある媒体はひたすら「コミットメント的」である。同一媒体の中でもある記事や番組は「デタッチメント」的であり、別の記事や番組は「コミットメント」的である。
「生の出来事」に対して、「デタッチメント」報道は過剰に非関与的にふるまうことで、「コミットメント」報道は過剰に関与的にふるまうことで、いずれも、出来事を適切に観察し、分析し、対処を論ずる道すじを自分で塞いでしまっている。
私たちの国のメディアの病態は人格解離的である。それがメディアの成熟を妨げており、想定外の事態への適切に対応する力を毀損している。
だから、いまメディアに必要なものは、あえて抽象的な言葉を借りて言えば「生身」(la chair)なのだと思う。
同語反復と知りつつ言うが、メディアが生き返るためには、それがもう一度「生き物」になる他ない。』

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

陰影礼賛、月と六ペンスうんぬん・・・

20130202085010

読書メモ。
『陰影礼賛』        谷崎潤一郎
『月と六ペンス』      モーム
『いきの構造』       九鬼周造
『銀の匙』         中勘助
『人生のちょっとした煩い』 グレイス・ペイリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

北欧と日の丸

北欧雑貨のキッパリとした形状と楽し気な色彩、
利便性(例えばレンジもオーブンOKとか)は、すごくいいと思う。
もちろん、見ているだけで「ほっこり」するのも好きだ。
でもなぜかいつも、うろうろと探し求めて、
最後には和物を手に取ってしまう。
特に食器類などのいわゆる「ご飯まわり」は。
え、それ下手くそなんじゃないの?
というような茶碗の釉薬のしたたりやら、
ぬらぬらと、もののけでも出そうな漆の風合いやら、
粗野じゃないかいと問い詰めたくなる木の削り具合やら。
そういう、何だか曖昧模糊としたものに惹かれてしまうのだ。
理由はわからない。
性格的にはどちらかというとハッキリしている方だと思う。
むしろ「世の中にはグレーゾーンもあるのよ」と言われ続けた方だ。
もしかして、その反動だろうか。
内なるmがバランスを取っているのだろうか。
マズいよマズい、このままだと振り切れちゃうぜ〜と。
そういうの、
あるかもしれない。
20130201182246

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »