« 合羽橋とパンカフェ | トップページ | かなしき郊外 »

2013年4月19日 (金)

P&Gの査定評価

以前働いていた専門出版社の話だが・・・

P&Gの査定評価を取り入れたら、
社員がバタバタと辞めていったという。
失踪してしまった人までいるらしい。
20人〜30人そこいらの規模の会社で
厳しい査定の形式だけを取り入れると
「不平等感」が増すのかもしれない。
特に、上司が公平な人間には見えないという場合は。
「編集長に嫌われているから査定が低いんだ」とか、
「あの子は美人かもしれないけど、私の方ができるのに」とか、
逆に、好評価が重荷で鬱になったり。
そういう会社の場合は、むしろ年功序列とか、
入社順とかで、自動的に出世する方がいいのかな。
いや、転職が一般的な業界だからそれは難しい。
外部から役員が入ることだってある時代だし。
本当はものすご〜く公平な査定専門の人とかがいるといいんだろうけど
そんな人いない。
会社は戦場そのもので、
殺伐、殺伐、殺伐・・・そりゃあ自殺者も増えますよ。


|

« 合羽橋とパンカフェ | トップページ | かなしき郊外 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。