2013年10月11日 (金)

モノの価値

モノの価値というのは結局、固有のストーリーなのかもしれない。

たとえば全く同じ白いハンカチでも、
それが良く吟味され、労を惜しまず縫い上げられたものならば、
大量生産品よりも価値が上がる。
あるいは、たとえ大量生産品でも、
最愛の人からのプレゼントだったとしたら、途端に宝物になる。
いわゆる「金目のもの」だってそうだと思う。
いつ買ったのかも忘れてしまったダイヤの指輪と、
亡くなった伴侶から記念日にもらったダイヤの指輪だったら、後者の方が大切だ。
いくらプラチナのネックレスでも、別れた彼氏からのプレゼントは捨ててしまう。
たかがモノ、されどモノ。
そんなことをぶつぶつと考えて・・・
今年の誕生日には黄楊の櫛を買ってもらった。
上野にある『十三や』という老舗で、職人さんが作ってくれたものだ。
仕上がるまでに3ヶ月かかってしまったけど、きっと一生使うと思う。
元文元年(1736年)から続いているのだそうで。
ところで本当は、私のリクエストなどではなく、
夫自らプレゼントしてくれたらカッコいいのだけど。
でも、もし夫がそんな粋な男だったら、モテちゃって困るかな・・・
20131011093341

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

古典もかつては新しきもの

歌舞伎座のこけら落とし公演に行ってきた。

歌舞伎見物はお初。
10年前から行ってみたくてようやく実現。
イヤホン解説を借りたのは正解だった。
「仇討ちって正当な行為だったんだ」
「宝刀を奪われると仇討ち権がなくなるんだ」
「能に出てくる怪獣は、戦いで負けた人たちの総称なのね」
などなど、知らないことがいっぱい。
(私が無知だというのもあるが)
噂のかけ声さんも間近で体験。
「よ、○○屋!」
歌舞伎の大元である能についても知りたくなって、
「世阿弥の言葉」という本を図書館で借りてみた。
もともとは庶民のための演劇だったわけで、
斬新な創意工夫が盛りだくさん。
今は古典でもかつては新しい試み。
※どら焼き風のお写真は「菊焼残月」という名。
父上が皇居での恒例祝賀会?で天皇陛下からお土産にもらったもの。
甘〜く素朴な和菓子のお味がしました。
おいしゅうございました。
2013061917215620130619172210_2 20130621092430 20130620163321_2 20130621092451

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

父達のゆくえ

団塊の世代の父達。

ある父達は、早期退職やらですでに趣味人となっている人も多い。
が、うちの父上はどんどん出世してしまい・・・
60も数年過ぎて、てんてこ舞いらしい。
各地で会合があるたびに出席しなければならず、
「ちょっと顔出し」がお勤め、挨拶、そして必ず一杯は飲む。
そのせいで健康維持が難しく・・・
運動のために歩いて帰宅することもNG。
(専属の運転手さんの職を維持するため)
まるで、売れっ子芸能人のように分刻みでスケジュールを決められている。

それって、どうなん?
「肩書き」はごたいそうだけど、心配です。
もっとゆったり過ごしてもいいお年頃よね。

しかし、出世するということは、つまりは社会的にお役に立つということで、
そもそも「自分のために余暇を楽しむ」とは対極にあることなのかもしれない。

社会の仕組みって、そういうものなのかしら

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

P&Gの査定評価

以前働いていた専門出版社の話だが・・・

P&Gの査定評価を取り入れたら、
社員がバタバタと辞めていったという。
失踪してしまった人までいるらしい。
20人〜30人そこいらの規模の会社で
厳しい査定の形式だけを取り入れると
「不平等感」が増すのかもしれない。
特に、上司が公平な人間には見えないという場合は。
「編集長に嫌われているから査定が低いんだ」とか、
「あの子は美人かもしれないけど、私の方ができるのに」とか、
逆に、好評価が重荷で鬱になったり。
そういう会社の場合は、むしろ年功序列とか、
入社順とかで、自動的に出世する方がいいのかな。
いや、転職が一般的な業界だからそれは難しい。
外部から役員が入ることだってある時代だし。
本当はものすご〜く公平な査定専門の人とかがいるといいんだろうけど
そんな人いない。
会社は戦場そのもので、
殺伐、殺伐、殺伐・・・そりゃあ自殺者も増えますよ。


| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

合羽橋とパンカフェ

一人ではなかなか行かない場所でも、友人と一緒なら。

それで、合羽橋(田原町)とパンカフェに行って参りました。

合羽橋では、竹でできた水切りと銅製の金おろしをget!
すっきりとした職人技がたまらん。
その後、芝公園にあるルパンコティディアンへ。
ベルギー発というだけあってパンは旨っ。
でも、頼んだものはちょっとね、外れ・・・脂っこいだけで量が足りんぞ!
というわけでその後、バタースコーンも食べちゃいました。
まあ私が食いしん坊なだけですが。

いやしかし、普段の興味の対象とは全く異なる
セレブっぽいパンカフェ(ベーカリーカフェ)なんて
連れて行ってもらわないと知る由もないわけで。
素敵な遠足でございました。

20130418092330_2 20130417135954_2 20130417135914

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

TPPについての

こわいのは、医療分野、保険分野、知的財産権・・・

そういうソフトな部分に伸びる魔の手だと思う。
「お金」そのものではなくて。
その国の国民が国民的な「風合い」を形作るための基盤のようなもの。
そこにアメリカの手が伸びて来るのが恐ろしい。
例えば、お金のない人は病院の治療を受けられなくなるし、
医者は「儲からない医療行為」をしたがらなくなる。
お金もちの人たちはどんどんお金持ちになりたがるけど、
そうなればなるほど貧しい人が貧しくなり、
それは国が「安全」じゃなくなるということ。
アメリカみたいに。
安全は高価なわけで、そうなったら、
金持ちは大枚はたいて部屋に閉じこもるのかもしれないが。
うららかな春、気楽に散歩というわけにはいかなくなる。
そんな不幸な国は嫌だなあ。
せっかくの春、できればこの先もずっと味わいたいなあ

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

段ボール芸術

12s07s

段ボール包装を見る度、日本の技は恐るべしだと思う。
よくもまあこんなに細かく、丁寧に、入り組んで包み込んだもんだと。
商品を抜き取ってしまえば、ゴミ箱行きなのに。
考えた人たちのシナプスと指先が偲ばれます。
で、こんなものを見つけました。
渡辺力さん(今年101歳で亡くなったデザイナー)の作品。
Carton Furniture Series というもので、3000円〜とリーズナブル。
大人が座っても大丈夫なのだそう。
なんか、夢が広がる。

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

2013正月

Rimg0154 ほぼ自堕落。ときどきお出かけ。食って寝る。

Rimg0102 Rimg0136_3
Rimg0095 Rimg0122 Rimg0152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

2012年の桜さん

今年は近所を堪能してみましたよ。
でも、意外にもこの一橋大学通り、かなりの景観。
連日花見客で溢れておりました。
春だねえ〜

201204041618082012040616051920120408132220201204091541372012040915422920120409154040

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

液ダレしない醤油差しは「対象a」たるか?

液ダレしない醤油差しを探し続けてはや数年。
またしても失敗してしまった。

その曲線美に傾倒して手に入れた柳宗理の白い醤油差し、
アメリカ的屈強さに惹かれて購入したパイレックス。
それから、「もう何でもいいから垂れないでね」と、
見てくれの良さを断念しつつ手に入れたチビ醤油差し。
このプッシュ式、吹出すからダメなのだ。

結局、どれも漏れる。
何らかの形で。

そして今日も、液ダレしない醤油差しを探し続けている。
飽くなき・・・

注)
対象a(タイショウアー)
=手に入らない空虚なもののため永遠に欲望の原因たるもの。欲しい何か。
たとえば「本当の自分」とか「全能の神」とか?(精神分析家ジャック・ラカン)

20120305_122007_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧